樹木葬専門【アンデルセンペット霊園】

樹木葬専門【アンデルセンペット霊園】

 

 



 

 

樹木葬専門【アンデルセンペット霊園】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

管理人CHECK

以下は、管理人のコラム「ペット霊園にまつわるトラブルを報じる新聞記事を読んで思うこと」の転載記事です。

 

私たちとペットとの絆

 

私たちの社会とペットとの繋がり、絆というものは以前にもまして深まってきていると思いますね。

 

この記事によると、2014年の時点で、犬が1034万6000頭で猫が995万9000頭飼われているそうです。合計すると2000万頭以上ですよ。すごい数ですね。

 

一方、同時点で15歳以下の人口は1633万人だそうです。
すなわち、犬猫を合わせた数のほうが、子供の人口よりも多いというのが日本の現状なんですね。

 

これをどうとらえるか。
よく、人間関係が希薄になりがちであることが現代社会の問題といいます。それはもちろんその通りで、子供の数が減り、社会の活力が落ちていることとも無関係ではないかもしれません。

 

一方で、生き物とのつながりを求めるニーズも根強くあり、それが犬猫をはじめとするペットがここまで増えた大きな要因でしょう。ペットを飼うことは癒しにつながりますからね。

 

子供が減っても、その分愛情を注ぐ大切な家族の一員としての役割は、ペットが担っているということになるのでしょうか。それは寂しくもあり、やむを得ない面もあり、難しいところですね。

 

ペットの増加に伴う問題

 

ところで、ペットが増えますと、必然的に問題がたくさん発生してきます。
そんな問題の中には、ペットの高齢化・老齢化やペットの死をどう看取り、その死を弔うのかということもありますよね。

 

先日こんな記事が目に留まりました。
ペット霊園、規制は自治体任せ 突然閉園や遺骨山積みも

 

同記事によると、ペット霊園はペット人気の高まりに合わせて増加しているものの、関連している適切な法律はない状態であり、トラブルが発生しているとあります。

 

代表的な問題としては、前触れなく突然閉鎖などのケースでしょうか。トラブルを起こした霊園は、別の口実を使って土地を借りて無断でペット霊園を開園。訴訟に発展して閉鎖へとつながったようです。
こういう無責任な経営では困りますね。

 

アンデルセンペット霊園について

 

わが「ひまわりウェブショップポータル」でも、ペット霊園の案件を扱っております。アンデルセンペット霊園がそれです。

 

同霊園は、岡山県にある大聖寺(別名あじさい寺)で運営されています。「天平10年(738年)に聖武天皇の勅令によって行基菩薩が開山」したとのことで、大変由緒あるお寺です。
同寺では樹木葬という埋葬手順が確立されております。愛するペットたちは死後、自然の世界に還るわけですね。

 

このように由来がきちんとしたお寺に樹木葬で埋葬するというシステムが確立している同園なら、先ほどの記事に挙げましたようなトラブルははるかに起きにくいと言えるでしょう。

 

皆さんも、愛するペットとの別れは考えたくないと思います。万が一の時が訪れた際には、大切な家族の一員を、それにふさわしく手厚く埋葬してあげたいですよね。
アンデルセンペット霊園のようなしっかりとした霊園があるのだということを、心の片隅にでも置いておいていただけたらなと思います。

 

詳しくは⇒ 樹木葬専門【アンデルセンペット霊園】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特定商取引法に基づく記述ページ